ハワイ島で培養され最高の環境で育ったスピルリナとは

1827年に初めて発見されたスピルリナ(SPIRULINA)は「ラセン」「ねじれた」 を意味するspiral から学名が付けられました。スピルリナは30数億年前地球上に出現した最初の生物とされています。地球の生物の発生は光合成を営む葉緑素を持ったスピルリナやクロレラなどの微小生物から始まり、 やがてO2呼吸をする高等生物へと進化していったのです。

太陽光と水と空気を生命源として、豊富な栄養素を蓄積

スピルリナは藍藻類に属すが、厳密な生物学上の分類は藍色細菌として扱われます。藻体は鮮やかな青緑色をしています。わずかな容存成分と強い太陽光と水と空気を生命源として繁殖し、藻体内には豊富な栄養素をバランス良く蓄積し、消化性が良いのが特長です。タンパク消化率は95%以上と硬い細胞壁に守られたクロレラよりも吸収率が高くなっています。
60種類以上の栄養素を含有し、古代から原住民の貴重なタンパク源として利用されてきたスピルリナですが、健康食品として利用される様になったのは1970年代頃からで、主に温帯〜亜熱帯気候に属する地域で培養されています。日本には台湾や中国産のスピルリナが多く販売されています。

さまざまな産地がある中で、私たちが選んだのはハワイ島産のスピルリナです。

ハワイ島は、スピルリナを育てるのに世界有数の環境にあるといえます。
スピルリナは、水と空気と太陽(気温)の条件が揃えば、どこでも培養出来ますが、この3つの条件が最高に整った場所がハワイ島なのです。
ハワイ島にあるマウナケア山の山頂には、世界13カ国の天体観測施設が集っています。その理由は、大気汚染の無い澄み渡った空気(大気)で、天候が安定しており年間300日以上も晴天が続くためです。また、ハワイ近海水深約600mから汲み上げた海洋深層水と火山岩層を通って濾過されたキレイな湧き水を使用しています。
澄んだ空気、燦々と降り注ぐ太陽、キレイな水で育ったスピルリナは、ハワイアンスピルリナとして欧米を中心に確固たる地位を築くブランド品として多くの方に愛用されています。

ハワイアンスピルリナ&醗酵クロレラ

products

ス−パーフードでパワーアップ!醗酵クロレラがリニューアル ハワイアンスピルリナと醗酵クロレラは、アミノ酸は必須アミノ酸9種類を含む18種類をそれぞれ含有し、植物性のタンパク質として「畑のお肉」といわれる大豆よりもタンパク質を多く含有しており、その割合は約60%にもなります。また、葉緑素が豊富で光合成を行い二酸化炭素を吸収し、酸素を作り出し、成長していきます。ミネラルやビタミンなどの微量栄養素も豊富です。 ■次のような特徴があります。 たった2種類のスーパーフードで75種類の栄養素が摂れる 毎日を活き活きと過ごしたい 元気ハツラツな毎日を! スピルリナとクロレラの話 しかし、その反面お互いが持ち合わせていない独自の栄養素なども含まれています。スピルリナにはフィコシアニンと呼ばれる色素成分、クロレラにはC・G・Fと呼ばれる成長促進因子をそれぞれ持っています。他にも含まれるビタミンやミネラルが違っていたり、脂肪酸の組成も異なっています。 この様な違いから、この2つの藻類を組み合わせることで、お互いの弱点を補強しあいより完全な栄養食品とすることが出来ると確信しています。…